インターネット限定品

チーズケーキは、一般的には大きく分けて次の3種類に分類されます。
チーズ・卵・牛乳を混ぜて焼いたタイプの「ベイクドチーズケーキ」。
一番こってりとしていて濃厚なチーズケーキです。
ゼラチンを入れて冷やして固める、焼かないタイプの「レアチーズケーキ」はさっぱりとしています。
卵をよく泡立てて加え、蒸し焼きにした「スフレチーズケーキ」は、ふんわり焼いたケーキでしっとりした食感です。

チーズケーキには、いろいろな種類のものがありますが、主に代表的なのは、焼き上げるタイプの「ベイクドチーズケーキ」、焼かずに冷やして固めるタイプの「レアチーズケーキ」、泡立てた卵白を合わせて蒸し焼き(湯煎焼き)にするタイプの「スフレチーズケーキ」です。

その後、現在ではさまざまな種類のチーズケーキが登場しています。
一般的によく知られているチーズケーキは、ベイクドチーズケーキ・レアチーズケーキ・スフレチーズケーキ・ニューヨークチーズケーキではないでしょうか。
いろいろ種類があるのですが、それほど人気が高いということなのでしょう。

人気のあるチーズケーキを分類すると数種類にわかれます。
「ベイクド」は焼くという意味で、その名の通り焼き上げてつくるチーズケーキのことです。
「レア」は、火を通さずゼラチンを使って冷やし固めてつくるチーズケーキです。
「スフレ」はフランス語で膨らんだという意味で、蒸し焼き(湯煎焼き)にしてつくるチーズケーキです。

みなさんがご存じのレアチーズケーキには、大まかに分けて、温製のタイプと冷製のタイプに分けられます。
温製タイプには、焼き上げてつくる「ベイクドチーズケーキ」や、蒸し焼き(湯煎焼き)にしてつくる「スフレチーズケーキ」があります。冷製タイプには、火を使わず、冷やして固めてつくる「レアチーズケーキ」があります。

最近では、ネットで全国の人気ある食材を知ることができたり、「お取り寄せ」で、手軽に購入もできるようになりました。そんな中、テレビや雑誌で有名になった絶品のチーズケーキも簡単に手に入るようになりましたね。

ところで、レアチーズケーキの「お取り寄せ」って知っていますよね?

お取り寄せとは、レアチーズケーキなど、各地の物産を宅送してもらう事ですが、チーズケーキの種類もとてもたくさん紹介されています。
自宅にいながらにして、簡単に贅沢が手に入る時代です。
現在では、インターネットの普及により、有名なお店のパティシエが続々と自作のチーズケーキを紹介していて、絶品のチーズケーキが簡単に手に入るようになりました。

こうしたお取り寄せスイーツで色々な種類のチーズケーキを食べてみるのもいいですよね。
現在では、さまざまな種類のチーズケーキが、自宅にいながらにして購入することができます。
インターネット上では、たくさんの有名なお店のチーズケーキが紹介されています。
絶品のチーズケーキを自宅で簡単に口にすることができるのです。
種類も豊富なチーズケーキはとても人気があり、どこの洋菓子店にもありますよね。
インターネットのお取り寄せでも、とても多くのチーズケーキが紹介されています。
普通では手に入らない、インターネット限定品のレアチーズケーキなどもあるようです。

まざまな味付けで楽しむ

レア・チーズケーキは、火を通さず、クリームチーズなどに生クリームを混ぜ合わせたものを冷やし固めたものです。
クッキーを砕いて作ったクラスト生地を下に敷くこともあります。
また、レア・チーズケーキは、フィリングだけをババロアやムースのようにグラスに盛る「グラス・チーズケーキ」もあります。
最近では、ガーゼで包んで販売するレア・チーズケーキが登場しています。

レア・チーズケーキは、バニラ、チョコレート、ヨーグルトなど風味などさまざまな味付けがされることがあり、フルーツ、特にイチゴやブルーベリーのトッピングをすることもあります。

レア・チーズケーキは、ゼラチンで凝固させることが多のですが、寒天を使ったり、あるいはクリームチーズ自体やホイップクリームの固さだけで仕上げる場合もあります。

レア・チーズケーキは、口どけを最大限に高めるためレモンの酸によってチーズのタンパク質を凝固させる方法もあります。
この場合は、レア・チーズケーキにレモンのさわやかな風味が加味されて風味が増します。

現在のようなレア・チーズケーキ、ベークドチーズケーキの起源は中世前期ポーランドのポドハレ地方にあるといわれています。
フレッシュチーズをふんだんに使用したチーズケーキセルニックは、ここの住民でゴラール(ポーランド語でグラル)と呼ばれるスラヴ系の山の民(グラルは文字通り「山の民」の意味)の郷土食で、ポドハレ地方では、現在でも各家庭のお茶菓子として日に数回も食べられているということです。

数世紀のちに、チーズケーキは、ポーランドからの移民の中でもとくにポドハレ地方の近くの大都市クラクフからのユダヤ人が持ち込んだレシピを元に、アメリカで生まれたとされています。
1872年には、フランスのチーズ、ヌーシャテルを再現しようとしていた牛乳屋が、クリームチーズを新たに開発しました。

チーズケーキという言い方は、現在ではチーズケーキ風味の他のデザートを表す時にも使用されることがあります。
チーズケーキヨーグルト、チーズケーキアイスクリーム、チーズケーキブラウニー、チーズケーキクッキーなどがあります。

簡単に手作りできます

簡単に手作りできるレアチーズケーキのレシピを紹介します。

レアチーズケーキは、オーブンのいらない純白の美しいチーズケーキです。
ゼラチンを加えて、冷蔵庫で冷やし固めるだけで簡単に作れます。
しっとりチーズのクリーミーな味わいで、子どもから大人まで好まれています。

材料 直径18cmの丸型1台(底が外れるタイプ)
粉ゼラチン・・・・・10g
水・・・・・大さじ3
ビスケット・・・・・10枚
バター・・・・・40g
クリームチーズ・・・・・250g
砂糖・・・・・60g
生クリーム・・・・・1カップ(200ml)
レモン汁・・・・・大さじ1

はじめに下準備として、バター・クリームチーズは室温に戻しておきます。
水に粉ゼラチンをふり入れ、軽く混ぜてふやかしておきます。

1.ビスケットを2重に重ねたビニール袋に入れ、めん棒でたたいて細かく砕き、バターを加え、手でもんでよく馴染ませます。

2.型の底に(レシピ1)をすき間なく平らにしっかり敷きつめます。
  ラップを上にかけて押すときれいに出来ます。
  できたら冷蔵庫に入れて、冷やしておきます。
3.ボウルにクリームチーズを入れ、泡立て器でなめらかにした後、砂糖を加えて泡立て器でよく混ぜ合わせます。

4.ふやかしておいた粉ゼラチンをレンジで30秒くらい加熱して溶かします。

5.(レシピ3)に(レシピ4)を加えて混ぜ、レモン汁も加えて手早く混ぜ合わせます。

6.別のボウルに生クリームを6分立てに泡立て、(レシピ5)に加えて、ゴムべらでさっくりと混ぜます。

7.(レシピ2)で作ったビスケットの台の上に生地を流しいれ、表面が平らになるようにゴムべらでならします。

8.冷蔵庫で2〜3時間冷やし、完全に固まってから型から外して切り分けます。
  型から外すときは、水で濡らしたふきんをレンジで温め、周囲をぐるりと包み、ペッタリと張り付いた生地を少し溶かすと綺麗に取れます。
  ケーキの形が崩れてしまいますので、溶かしすぎに注意してください。